1. Example Dataを使ったクイックスタート

まずはExample Dataを使用してReNomIMGをお試しください。

ここではExample Dataとして, PASCAL VOCデータセットを使用します。

The PASCAL Visual Object Classes (VOC) Challenge
Everingham, M., Van Gool, L., Williams, C. K. I., Winn, J. and Zisserman, A.
International Journal of Computer Vision, 88(2), 303-338, 2010


1.1. データの準備

まずはデータセットを準備する必要があります。ここでは PASCAL VOC データセットを使いますが、ReNomIMGが提供する以下のコマンドを実行することで、自動的にPASCAL VOCデータセットが使用可能になります。

# This command will download the data and save it to the current directory.
renom_img setup_example

# ### Setup a example dataset ###
# 1/7: Downloading voc dataset.
# 2/7: Extracting tar file.
# 3/7: Moving image data to datasrc/img...
# 4/7: Moving image data to datasrc/prediction_set/img...
# 5/7: Moving xml data to datasrc/label/detection...
# 6/7: Moving segmentation target data to datasrc/label/segmentation...
# 7/7: Creating classification target data in datasrc/label/classification...
# Setup done.

コマンドの実行終了後には、 datasrc ディレクトリと storage ディレクトリが作成されています。

1.2. ReNomIMGを起動する

上記のコマンドを実行してデータセットの準備が終了しました。次に、ReNomIMGを起動する以下のコマンドを実行してください。このコマンドは、ReNomIMGサーバを8080ポートで実行するためのコマンドです。

renom_img --port 8080

サーバが起動しましたら、次の「ReNomIMG GUIツールの使い方」セクションでアプリケーションの使い方を確認し、画像認識モデルを作成してみましょう。